***はじめに***
当ブログのレシピは、圧力鍋に限らず普通のお鍋の調理法でもお料理できます。 また、レシピの中に「うちの圧力鍋(2リットル 80kpa)に最大量」と書いているものや、書かれていなくても圧力鍋にぎっしりの量となるレシピがあります。 お料理を作られる場合は、ご自分の圧力鍋の許容量や使用方法を守って安全に調理してくださいね。

2015年12月29日

そのままでもおいしい 鶏ハム カレー風味

上沼恵美子さんのおしゃべりクッキングで鶏ハムをやってたのを作ってみました。

ソース無しでもちょうど良い味にアレンジしたので、おしゃべりクッキングの様なサラダ仕立てではなく、ヘルシーな主菜にできます。
ほったらかしで出来るのでおせち料理の1品に加えるつもりです。
年越し蕎麦のサイドメニューにしても良いかも!

<<鶏ハム カレー風味 1〜2人分>>
所要時間 約30分
圧力鍋ではなく保温鍋や、フタがきっちり閉まる保温性の良い普通のお鍋で作れます。
圧力鍋でもフタを替えて普通のお鍋として使用すると良いと思います。

== 材料 ==
鶏ムネ肉 1枚
塩 小さじ1/2 
カレー粉 小さじ1/2

== 作り方 ==
1、フタがきっちりできる鍋でお湯を沸かす。

2、まな板の上で鶏ムネ肉を広げ、皮をはぎ取って、お肉が厚くなっているところはそぎ落とし、だいたい同じ厚みにする。

3、ムネ肉の両面に塩を振り、軽くすり込む。(片面小さじ1/4)
※ちなみにおしゃべりクッキングでは、ソースをかける前提なので「片面に塩1つまみを軽〜く振る」と言ってました。

4、カレー粉も同じように振り軽くすり込む。(片面小さじ1/4)

5、ラップを広げた上でムネ肉を巻き、ラップでキッチリきつく巻く。(両端はねじる)
※心配な人は2重にラップを巻いても良い。

6、お湯が沸騰したら火を止め、ムネ肉を入れてフタをして25〜30分放置
※おしゃべりクッキングでは20分放置でした。確かに火は通っていますが、いつも包丁で切るとしばらくして血が少しにじみ出るので、神経質な私は25〜40分放置しています。


「私のおせち料理作り工程」も見てね!

にほんブログ村 料理ブログ 圧力鍋料理へ
にほんブログ村
ラベル:おせち 鶏肉 洋風
posted by あつ2 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆでる・蒸す・下ごしらえ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

次に買う圧力鍋は?

我が家は少人数なので今の圧力鍋のサイズが使いやすいです。
我が家の圧力鍋→「圧力鍋 ドウシシャ製2リットルの感想」

おせち料理から帰宅が遅くなった日のお料理まで大活躍の圧力鍋。
私のお気に入りです。
今のところとっても調子良くゴムの劣化も見られませんが、もしこの圧力鍋が壊れてしまったらどうしよう・・・
そんな不安が時々よぎります。
使い慣れた圧力鍋をいつまでも使っていたい・・・
でも私の圧力鍋は5年前のものだから同じものは売っていません。
高圧とか低圧とかの調節も無い、3000円位でホームセンターで買ったものですが、
高圧低圧が無いからこそ、深く考えずに使えて良かったのだろうと思います。

そこでどんなものがあるのか検索してみました。
まず、80kpa(高圧低圧の使い分け無し)もまだまだ結構ありました。
大きさは2リットルのものは、ざっと見た限りでは見当たりませんでした。
最低でも2.5リットル。
画像では私のよりも深さがあります。0.5リットル分深くなっているのかな。
2.5リットルなら私の今までのレシピの分量そのままでいけると思います。

アマゾンでレビューを見ていると、1〜4人分なら3リットルまでの大きさが丁度良いみたいですね。
3リットルなら重くなく洗いやすいそうです。
4リットルになると圧力鍋が大きくて重たいそうです。
6リットル、4.5リットル、2.5リットルの3種類持っている方の感想では、2.5リットルが一番使いやすいそうです。

↓2.5リットル
私が次に買うなら選ぶのはコレだな〜

アマゾン 通常配送料無料

↓3リットル

アマゾン 通常配送料無料

↓楽天 こちらもレビュー多数


クリックしてね
にほんブログ村 料理ブログ 圧力鍋料理へ
にほんブログ村
ラベル:感想
posted by あつ2 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 圧力鍋とは・感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

大根の代用:かぶら(聖護院かぶら)の失敗例

昨日、かぶら(←京野菜の聖護院かぶら)と鶏モモ肉と人参の煮物を
「【砂糖ナシ】手羽元とゴボウの炊いたん」のレシピで作りました。
普段はよく大根を使うのですが今回はかぶらで♪
カブラは大根とは違いふっくらしてまろやかなので、とても楽しみでした。

ところが・・・
加圧5分のつもりが7分くらい加圧しちゃったかな〜
ズルズルに煮崩れちゃいました(T0T)
大根だったらこのようにはならないんだけどな〜。

後になって思えば、
「ただでさえ大根よりもカブの方が柔らかいので、加圧時間3分でも良かったな〜」と思います。

「かぶらを使う時は加圧時間3分、うっかりしても5分以内で!」と、レシピノートにメモしておきました。

クリックしてね
にほんブログ村 料理ブログ 圧力鍋料理へ
にほんブログ村
ラベル:大根 失敗例
posted by あつ2 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 煮物(野菜その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

骨までおいしい☆イワシの醤油煮と下処理方法

iwashi01.JPG

今まで作っていた「骨も食べられるイワシの煮物(砂糖不使用)」よりも、コチラの方がはるかにおいしいレシピです!
それにガスの使用時間も短いですよ
圧力鍋なら誰でも簡単においしく作れますし、このレシピで彼氏とかご家族に作ってあげて下さい!!
ご飯がすすみますよ。
私が独身の時に圧力鍋を使っていたら、絶対コレを彼氏に作ってただろうな〜☆

↑ガス・IH両方OK(楽天)


◆骨までおいしい イワシの煮付け(醤油煮)3〜5人分◆
所要時間 45〜50分
ガスの使用時間 19分

<材料>
・イワシ 4〜6尾←1パック。(小さいイワシなら十数尾〜20尾)
※煮汁の量をそのままで、もっとイワシが多くてもOK
(2014.4.17追記:煮汁の量は増やさずに8尾で作ったら、あっさり味でこれはこれでおいしかった)
・生姜 1かけ
・砂糖 大さじ2
・みりん 大さじ2
・醤油 大さじ2
※淡口醤油は使わず、あえてこいくち醤油で。
・酒 1/2カップ(100cc)

今まで作っていた「骨も食べられるイワシの煮物」では水を入れましたが、このレシピでは水は入れません。

<作り方>
1、イワシの頭と腹わたを取り洗い、一口大に切る
【イワシの下処理方法(実は簡単)】
まずエラの所から頭を切り落とす。
次に腹ワタの部分を二等辺三角形風に(尻尾側が細くなる)切り、
横へ包丁をスライドさせると腹わたも付いて出てきます。
中に少し残ったら包丁の先や手で優しく引き出す。
最後に水で洗って血などをきれいに洗い流す。

2、生姜はスライス又は千切り
※やったことはないですが、生姜の代わりに梅干し1個でも良いと思います

3、圧力鍋に調味料を入れ、フタをせずにひと煮立ち

4、そこへイワシと生姜を入れてふたを閉める
iwashi02.JPG


5、強火(鍋によっては中火)にかける
シュッシュッとおもりが振れたら最小弱火(加圧状態)で
加圧時間17分

6、火を止めて20分放置
※赤いピンが下りるまでの目安 4分
iwashi03.JPG


↓かわいい圧力鍋。
他社の製品より蓋の開け閉めが軽いそうです
(アマゾン 通常配送料無料)



ピンが下りたらすぐ食べられるのかは、やったことがないので分かりません。
たぶんすぐ食べてもおいしいと思いますが、やってみた方は、どうだったか是非コメント下さい。
クリックしてね

にほんブログ村
ラベル:イワシ
posted by あつ2 at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 煮物(お魚) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

最小限の煮汁でカボチャをおいしく炊く

kurikabo.JPG

以前の記事「カボチャの煮物」レシピの方は、かぼちゃ1/4個だと煮汁が多く、1/2個だと煮汁が少なくなります。
それでかぼちゃ1/4個を、最小限の煮汁で作ってみました。
すると家族でも好みが分かれて、特に旦那くんは今日のこのレシピの方が好みだというので書きとめておきます。
煮汁が少ないので、カボチャが栗に近い食感です。

【注意】各ページの一番上にも書いてありますが、我が家の圧力鍋は2リットルです。それ以上の圧力鍋でしたらこの煮汁の量では少ないかもしれません。焦げ付き等に気をつけて下さい。


<<最小限の煮汁でカボチャの煮物 作り方>>
ガスの使用時間は以前の記事 「カボチャの煮物」より短いです
所要時間 20〜30分
<材料>
・かぼちゃ 1/4個
・砂糖 大さじ3
・うすくちしょうゆ 大さじ1
※こいくちしょうゆの場合 大さじ1強
・ダシ汁 100cc

<作り方>
1、カボチャは3〜4cm位の大きさに切る
※面取り不要。
※カボチャにふり塩は不要。こいくちしょうゆ使用時でもふり塩は不要。

2、圧力鍋にカボチャの皮を下にして入れ、調味料全部を入れて蓋を閉める。

3、強火(鍋によっては中火)にかける
シュッシュッとおもりが振れたら最小弱火(加圧状態)で2分30秒

4、火を止めて20分以上放置
煮汁が最小限なので、赤いピンはアッという間に下がります。
でも20分は放置してね。


私はたいてい1時間くらい放置してます(気が付けばそうなっている・・・)
クリックしてね

にほんブログ村
ラベル:かぼちゃ 甘露煮
posted by あつ2 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 煮物(野菜その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。